医学部を目指しましたが、浪人になり、名古屋の予備校に通いました。

予備校の授業で自身をつけ

そして、早く受験の日にならないかと待ち遠しい日々を過ごしていました。
親にも次こそ受かるよ自信満々に言いました。
落ちるわけがないと何度も力説しました。
親もわかったから頑張りなさい。
応援しているからと言われました。
もはや誰の応援が無くても、私は実力がついているので、大丈夫。
偏差値の高い大学でも受かる自信がありました。
そして、受験日になりました。
もてる全ての力を発揮しましたが、落ちました。
私は唖然としました。
まさか2回も落ちるとか考えてもいませんでした。
親からは好きにしなさいと言われてしまいました。
そこから再度、予備校に通いました。
今度はベスト3にはいるほど、勉強をしました。
寝てる時間以外は全て勉強にあてました。
歩く辞書というあだ名がつくほどになりました。
そして再度受験し、今後はさすがに受かりました。
受かって当たり前でしたが、本当に良かったです。

医者にあこがれていました予備校の授業で自身をつけ本当に医者になれてよかった